🥜 花生酥・台湾土産の代理購入はこちら 📦

澎湖のレンタカー・レンタルスクーター・自転車

公共交通の発達していない澎湖観光で、最も多く使われる移動手段はレンタルのスクーターです。日本人観光客には少しハードルが高いかもしれませんが自由度が高く便利なので、運転できるようであればおすすめです。

レンタカー・レンタルスクーター共通

日本人が台湾で運転するためには、日本の免許証および事前にJAFまたは台北・高雄の日本台湾交流協会で免許証の中国語翻訳文を入手する必要があります。国際免許証は台湾では使えません。

参考 日本の運転免許保有者が台湾で運転するための制度について日本台湾交流協会

近年、外国人旅行者による違反金未払い問題が多発している為、台湾では外国人へのレンタルを行わない店が増えています。事前にホテルまたは旅行代理店を通して確認しておくか、ホテルの人と一緒に借りに行けば問題ないでしょう。

台湾の交通規則は日本とほぼ同じですが、左ハンドル・右側通行のため注意が必要です。スクーターの二段階右折は台湾では二段階左折になります。また台湾は日本に比べて運転が荒かったり後方確認をしない人、ルールを守らない人も多いので運転にはくれぐれもご注意ください。

澎湖は台湾本島に比べると交通量は少なめですが、馬公市内の中心部や幹線道路では時間帯によっては車両が多く、観光客による危険な運転や交通事故も0ではありません。日本でめったに運転しない人は、旅先の短い時間で台湾の運転ルールを習得するのは難しいのでやめておいた方がよいでしょう。

また、スクーターに乗ったことのない人は慣れるまでに時間がかかります。澎湖での短い滞在時間を練習に費やすのはもったいないので、日程によってはタクシーや観光バスを使った方がよいかもしれません。乗るのであれば電動スクーターが比較的乗りやすくおすすめです。

澎湖のタクシー・カーチャーター 澎湖のバス

レンタカー(租車)

澎湖空港で車・レンタルバイクを借りる場合は、到着ゲートを出てすぐの場所に日昇租車カウンターがあります。営業時間は7:30〜19:30です。
馬公市内にもレンタカー屋は沢山あるので、ホテルを予約した時に相談しておくとよいでしょう。料金は車種によりますが1200元/日〜が相場です。

台湾のレンタカーは借りるときにガソリンを自分で満タンにするのが主流ですが、店によっては日本と同じように返却時満タン返しのこともあるので確認しましょう。

澎湖特有の注意点

澎湖本島を離れるとガソリンスタンドの数が少なく、また早めに閉店するため、事前に給油タイミングとガソリンスタンドの位置を把握しておきましょう。

馬公市内の駐車場

車利用者の増加に伴い、2017年末より馬公市内中心部の路肩駐車(路上に書かれた白枠内)および駐車場は9:00〜19:00まで20元/1時間 になりました。
馬公市内の駐車場と有料路肩駐車区域の地図

駐車料金は監視員が巡回の際にワイパーに挟んだチケットで確認し、コンビニで支払いができます。なおスクーターは駐車料金はかかりません。

また以前は無料だった公共駐車場も有料化が進んでいます。多くの駐車場は19時以降の駐車は無料です。

レンタルスクーター(租機車)

澎湖で一番一般的な乗り物はスクーターです。レンタカー同様、運転免許証の中国語翻訳文が必要です。

スクーター(機車・摩托車)

350元/日〜が相場です。50cc、100cc、125ccで料金が異なります。日本の普通免許で乗れる原付は50ccですが、50ccは置いていないお店が多いです。台湾のスクーターは二人乗り可能です。

電動スクーター(電動車)

大きさによって料金が異なりますが、だいたい700元/日〜が相場です。免許証・中国語翻訳文なしで借りることができます。
スクーターに比べるとパワーが弱く、サイズによりますが最高速度は時速50km程度です。スクーターに比べると重量が軽く加速が緩やかなため初心者でも乗りやすいですが、50cc相当のような軽すぎる車体だと冬場は強風で運転できないことがあります。法的にはヘルメットなしで乗れますが、安全のため使用した方がよいでしょう。

充電は各観光スポットにある充電スタンドにイージーカード(悠遊卡)をかざして行うことができます。また島内のセブンイレブンで充電済みの電池と交換することもできます。

自転車(腳踏車・自行車)

澎湖を自転車で旅する人も増えています。オンシーズンは日差しが非常に強く、オフシーズンは台風並みの強風が吹き荒れるため、熱中症や日射病、ケガへの対策は万全に対策してください。各地にある自転車サービスステーションでは空気入れや簡単な工具、ファーストエイドセットなどの提供を行っています。

ホテルでのレンタル

いくつかのホテルでは自転車をレンタルしているところがあります。日本のようないわゆるママチャリタイプのシティサイクルは基本的にほとんど見かけません。マウンテンバイクやクロスバイク、またはタイヤ径が小さい街乗りタイプが多いため、遠出には不向きです。

レンタルの自転車・電動自転車

数は多くないものの、自転車・電動アシスト自転車を貸しているレンタカー屋もあります。

自前の自転車の持ち込み

スポーツ用の自転車を飛行機や船で持ち込んで乗る人も増えています。澎湖にはサイクリングコースもあるので、景色も空気もよく交通量も少ない澎湖でのサイクリング旅行はおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA