🆕 ポンフー島の名産品通販サイトはこちら 🥜

澎湖のタクシー・カーチャーター

澎湖の島民の足は主に車かスクーターで公共交通が発達していないため、自分で運転しない場合効率よく移動するにはタクシーが便利です。

澎湖のタクシー

料金は以前はすべて交渉制でしたが、現在は基本的にメーター制になっています。澎湖は馬公中心部を除き、流しのタクシーはほとんどないので電話で呼ぶシステムになっています。タクシー呼び出しアプリやUberには対応していません。

日本語の話せるタクシー運転手はほぼいませんが、狭い地域のため、ぼったくりなどの心配は無用です。心配な場合はホテルの人に相談するのがおすすめです。

澎湖空港から馬公市内へ

空港から市内へ、空港からタクシーに乗るとおよそ250〜300TWDです。
以前は空港で待機するタクシーは+100TWDの待機料金が加算されるため一律300TWD、空港に客を送ってきたタクシーを手前で拾うか自分で呼ぶと200TWDでした。その名残で今でも事前に自分で呼ぶと200TWDで送迎してくれるタクシーもあります。

メーター制と交渉制料金の比較

長距離のタクシーを使う場合は、ホテルでタクシーを呼んでもらい事前に行き先と時間について相談してもらうのがいいでしょう。

メーター制

馬公市内や本島内などの近場を1〜2箇所を行って戻るだけの場合は、待機料金が発生するのでメーター制の方が安くなります。帰りの時間を指定して迎えに来てもらうのがよいでしょう。

基本料金は日中は1kmまで100TWD、その後は250mごとに5TWD加算されます。その他に23:00-翌日6:00は夜間料金が発生します。

交渉制

澎湖本島から西嶼(漁翁島)までを半日観光するような場合は、距離が遠く各観光スポットでの待機が発生するため交渉制の方が安く済みます。

また、時間を決めて貸し切る場合(包車)の料金は、6時間で2500TWDくらいが相場です。

カーチャーター

グループ旅行では運転手付きのマイクロバス貸切が便利です。ホテルまたは旅行業者で手配してもらえます。料金は7〜9人乗りで4500〜6000TWD/日が相場です。

5人乗り・9人乗りの運転手付き予約は、KKdayを通じて事前にネットで予約することも可能です。北方面・南方面・奎壁山のモーセの海割体験・一日貸切などのコースと、時間・料金が事前に確認できます。
【澎湖景點包車自由行】跨海大橋、大果葉玄武岩、奎壁山踏浪(馬公市出發)(中国語)

1〜2人の旅行でなるべく費用をおさえて定番の観光スポットを回るのであれば、台湾好行バス 媽宮・北環線を利用するのがおすすめです。

澎湖のバス(台湾好行バス・路線バス)

澎湖旅行で一番多い移動手段はレンタルスクーター。自分で運転する方はこちらもご覧ください。

澎湖のレンタカー・レンタルスクーター・自転車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA