🆕 ポンフー島の名産品通販サイトはこちら 🥜

澎湖の離島(望安・七美・吉貝・南方四島・その他)に行く方法

澎湖本島および橋でつながっている白沙・西嶼から、各離島への行き方です。
台湾本島から各離島への行き方はこちらをご覧ください。

船で澎湖に行く方法

澎湖⇔七美、高雄⇔七美、高雄⇔望安の飛行機もありますが、便数・席数が少なく個人では手配しづらいため、船を利用するのが一般的です。

離島行き船チケットの買い方

離島行きの船は観光業者運行の観光船(島内での移動手段とセットで販売、観光のための停泊時間あり)と、政府運行の交通船(基本的に島民向けの船、移動用)があります。
観光船チケットは旅行社または各埠頭にある遊客中心(ビジターセンター)のチケット売り場、交通船チケットは馬公バスターミナルか各埠頭の遊客中心で購入します。

オンシーズンは当日チケットが売り切れることがあるので、前日までに観光船チケットを予約することをお勧めします。なお保険に加入するので購入時にはパスポート番号・生年月日・パスポート記載の氏名が必要になります。

澎湖本島から離島への船

観光で代表的な離島は南海の望安・七美(6〜7時間観光コース)と北海の吉貝(3〜4時間観光コース)です。旅行社ではマリンアクティビティーなどのオプションをつけたパッケージも販売しています。
いずれの離島も徒歩で回るには広すぎるので、観光船と島内で借りるスクーター(免許不要)または観光用バス・車両のチケットをセットで購入します。

望安・七美

澎湖本島の南側(南海エリア)に位置する望安・七美への船は馬公南海碼頭(埠頭)から出航します。チケットは隣接する南海遊客中心でも購入できます。

馬公から望安へは約50分、望安から七美へは約40分で到着します。望安は中社古厝(花宅)やウミガメ保護センターといった見どころがあります。

七美では澎湖のシンボルとして有名なダブルハート(雙心石滬)や、小台湾などの自然の奇景が多く見られます。

吉貝

澎湖本島の北側(北海エリア)に位置する吉貝への船は白沙鄉の赤崁碼頭(埠頭)から出航します。チケットは隣接する北海遊客中心でも購入できます。

赤崁から吉貝へは約20分で到着します。全長800mもある美しい白い砂浜で有名な島です。バナナボートなどのマリンアクティビティーも楽しめ、スクーターで島を一周しても15分程度と、気軽に行けて美しい景色を堪能できるのがポイントです。

南方四島

望安・七美の間、東側に位置する東吉嶼、西吉嶼、東嶼坪嶼、西嶼坪嶼は澎湖南方四島と呼ばれ国立公園に指定されています。藍洞(青の洞窟・現在は中に入れません)をはじめとする美しい海の風景が見られますが、冬場は天候の関係で船は欠航することが多いです。南方四島への観光船は望安・七美とセットで旅行社で販売されています。

員貝

澎湖本島の東側(東海エリア)に位置する員貝島へは、白沙鄉にある岐頭埠頭から船に乗って10分ほどで着きます。歩いて1時間程度で一周できる小さな島で、地元の観光業者が潮間帶活動などのアクティビティーと船チケットのセットを販売しています。

この投稿をInstagramで見る

🐠員貝嶼抱礅抓魚體驗 澎湖のさらに離島、員貝嶼に行ってきました。白沙鄉にある岐頭埠頭から船に乗って10分ほどで着きます。 今回は潮間帶活動に参加しました。引き潮の時間に砂地やタイドプールでカニ・小魚・ナマコなどと触れ合ったり、澎湖の伝統漁法、抱礅(石でできた魚のわな)で小さな投網を使って魚を捕まえる体験ができます。 . #meetcolorstaiwan #island #Penghu #Taiwan #澎湖 #離島 #臺灣 #台灣 #台灣 #ポンフー #員貝嶼 #伝統漁法 #潮間帶活動 #抱礅 #澎湖親子旅遊 #親子旅行 #タイドプール #離島の離島 #体験型旅行 #澎湖之旅 #澎湖旅遊 #ポンフーブルー #penghublue #澎湖藍

ポンフー・ブルー/澎湖藍(@penghu.blue)がシェアした投稿 –

その他の離島

その他の離島への行き方は、交通部觀光局澎湖國家風景區管理處の東海と北海の海上交通南海の海上交通と航空便をご確認ください。実際の運行状況については、出発前に電話でお問い合わせください。

オプショナルツアーでしか行けない離島もあるのでぜひチェックしてみてください。

日本から予約できる!青い珊瑚礁の無人島1日ツアー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA