🥜 花生酥・台湾土産の代理購入はこちら 📦

飛行機で澎湖に行く方法

澎湖島へ行く手段として一番早くて本数が多いのは飛行機です。

澎湖空港(旧名称:馬公空港)は国際空港ですがほぼ国内線のみの運用で、国際線はチャーター機を除いて日本からの直行便はありません。

また、日本から台湾に行く時によく使われる桃園空港からは澎湖行きの便はありません。そのため澎湖へ行くには台湾に入国後、各地の国内線空港に乗り換える必要があります。

旅のヒント
「空港」は台湾では「機場」または「航空站」と言います。

国内線搭乗時の注意事項もあわせてご覧ください。

澎湖行き路線がある国内線空港

澎湖行き路線は台北・台中・嘉義・台南・高雄・金門の各空港から発着しています。

台北松山・台中・台南・高雄の各空港は国際線と国内線が同じ場所にあるため乗り継ぎが楽です。フライト時刻がうまく合うなら、台湾到着時にはこれらの空港への路線をおすすめします。

澎湖への所要時間は機材(ジェット機・プロペラ機)によって変わります。

台北(台北松山空港)

台北松山空港の国内線ターミナル(第二ターミナル)から所要時間4〜50分。国際線ターミナルと国内線ターミナルは隣接しているので乗り換えが楽です。日本からは羽田空港から直行便が就航しています。

桃園空港から台北松山空港への移動

台北桃園国際空港(桃園市)から澎湖行きの便はないので、日本から桃園空港に到着した場合は台北松山空港(台北市)に移動する必要があります。桃園空港は入出国時にかなり混むので、澎湖への乗り継ぎ時間は

  • 飛行機の到着から入国手続きに1時間
  • 台北松山空港への移動に1時間
  • 台北松山空港での手続きと時間調整に1時間

と最短でも3時間は余裕を見ておいたほうがいいです。

桃園空港から松山空港へ移動する場合はバスまたはタクシー、カーチャーターが便利です。

バス・メトロ

国光バス(國光客運)1840路線松山空港行きに乗り約50分。チケットは片道券140TWD/往復券260TWDです。

【1840】桃園機場-松山機場(時刻表)
【1840】松山機場-桃園機場(時刻表)

桃園空港から松山空港へ直行しない場合は、台北駅に行く1819路線台北行きが便利です。
窓口で片道ずつチケットを買うこともできますが、往復の場合はKKdayのチケット事前購入がお得で便利です。

【桃園空港リムジンバス】国光バス(國光客運)1819路線往復割引チケット

バスではなく桃園メトロ空港線(台湾MRT/台北地下鉄)で台北駅まで行く場合もKKdayの割引きチケットがお得です。

【外国人限定】桃園メトロ割引乗車チケット セットプラン

カーチャーター

タクシーは約40分、料金は交渉制で1,000〜1,200TWDくらいが相場ですが、しつこく客引きをするドライバーや優良でないドライバーもいるのでカーチャーターの予約がお勧めです。
KKdayのチャーター車は日本語で予約でき、タクシーより料金が安く、利用者のレビューも見られるので安心です。

【空港送迎/3名まで】台湾桃園空港-台北市・新北市:専用チャーター車空港送迎(最大3名乗り)

【空港送迎/4〜8人乗り】台湾桃園空港-台北市・新北市:専用チャーター車空港送迎

台中(台中清泉崗空港)

台中清泉崗空港の国内線ターミナルから所要時間3〜40分。国際線ターミナルと国内線ターミナルは隣接しているので乗り換えが楽です。

日本からは、成田空港・那覇空港からマンダリン航空の直行便が就航しています。

台中空港への移動

台中空港は台中の中心部より離れた位置にあり、台灣高鐵(台湾新幹線)・台鐵(台湾鉄道)の駅から遠く交通が不便なため、移動はバスまたはタクシーになります。

台中観光と澎湖行きを組み合わせる場合

澎湖から台中空港へ、または台中空港から澎湖へ行くような場合、台中空港を発着点としての日月潭・清境・高美湿地・彩虹眷村などの各観光スポットへの移動はKKdayのカーチャーターサービスが時間を大幅に節約できて便利です。

また、桃園空港と台中空港間の移動は台灣高鐵の駅と各々の空港間の移動が大変なので、荷物がある場合やグループの場合は定額のチャーター車が便利です。
【空港送迎】桃園国際空港-台中:貸切チャーター車送迎プラン(双方向出発)

嘉義(嘉義水上空港)

嘉義水上空港から所要時間30分(1日1便)。

台南(台南空港)

台南空港から所要時間30分。国際線と国内線が同じ建物内にあります。

日本からは、関西空港から中華航空/日本航空の直行便が就航しています。

高雄(高雄小港空港)

高雄小港空港の国内線ターミナルから所要時間3〜40分。国際線ターミナルとは別の建物で、2階の連絡通路でつながっています。

日本からは、複数の航空会社の直行便が就航しています。

金門(金門空港)

金門空港から所要時間40分(週3日、1日1便)。

金門は中国の廈門(アモイ)に非常に近く、船で渡れるほどの短距離です。そのため澎湖から中国へ、また中国から澎湖へ行く場合に最も経済的な手段として知られています。

澎湖に就航している航空会社

澎湖(馬公)空港へは国内線のユニー航空・ファーイースタン航空・マンダリン航空の3社が就航しています。各社ともオンラインでチケット購入ができます(対応言語は中国語と英語のみ)。

ユニー航空(立榮航空/UIA)

エバー航空系列で、全機プロペラ機で就航本数が最も多いです。

ユニー航空公式サイト

就航路線
澎湖⇔台北/台中/嘉義/台南/高雄/金門

ファーイースタン航空(遠東航空/FEA)

ジェット機とプロペラ機があり、航空券の価格が比較的安いです。古い機体が多いですが料金が安めです。

ファーイースタン航空公式サイト

就航路線
澎湖⇔台北/台中/高雄

マンダリン航空(華信航空/MDA)

中華航空系列で、ジェット機とプロペラ機があります。

マンダリン航空公式サイト

就航路線
澎湖⇔台北/台中/高雄

澎湖への就航便一覧表

各空港と就航会社の一覧表です。

  台北 台中 嘉義 台南 高雄 金門
ユニー航空
ファーイースタン航空      
マンダリン航空      

七美・望安への飛行機

澎湖諸島の離島である七美・望安へは德安航空の各路線がありますが、便数・席数が少なく離島住民優先で席が販売されるため、観光では一般的に船を利用します。

德安航空公式サイト

就航路線
澎湖⇔七美、高雄⇔七美/望安
澎湖の離島に行く方法

日本語で航空券を予約購入する方法

澎湖行きの航空券は各空港の航空会社カウンターで当日購入する事もできますが、満席の場合はキャンセル待ちになり、連休や観光シーズンは空席が出なかったり、予約で売り切れる事もあります。

そのため、澎湖への旅行を計画するなら航空券の予約を一番先に行なう必要があります。

国内線はユニー航空を除いて搭乗日の2ヶ月前から各航空会社ウェブサイトで予約購入できますが、中国語・英語のみ対応のため、日本語で予約したい場合は旅行代理店を通しての購入になります。

旅行代理店実店舗での購入は手数料が含まれるため割高になる事が多いですが、オンライン販売なら比較的手軽に購入できます。

Surprice (サプライス)

エイチ・アイ・エス(H.I.S)の航空券予約サイト・サプライスは数千円単位の割引クーポンをしょっちゅう配布しているのでお得にチケットが購入できます。澎湖行きは、到着地を「マーコン- 台湾 (MZG)」で検索すると日本からの航空券と通しで購入することができます。

航空券予約 サプライス

エクスペディア

旅行予約サイト・Expediaの航空券検索では、台湾の各国内空港から澎湖行きの航空券を購入できます。日本から台湾行きの飛行機も同時に手配できて便利なため、澎湖への航空券手配で利用する人が多いです。

エクスペディアで澎湖行き航空券を探す

スカイスキャナー

格安航空券比較検索サイト・スカイスキャナーの航空券検索でも、台湾の各国内空港から澎湖行きの航空券を購入できます。

スカイスキャナーで航空券比較検索

KKday割引航空券

台北発着のみですが、旅行予約サイトのKKdayでは台湾以外のパスポートを持つ旅客に片道1,800TWDでユニー航空の航空券を販売しています。日本語ページで購入でき、正規料金よりお得に購入できます。

【外国人限定割引】台北松山-澎湖(馬公):ユニー航空・片道航空券(TSA-MZG)


澎湖は離島で交通手段に限りがあるため、まずは航空券や船の確保、その次にホテルという順序で手配してください。

船で澎湖に行く場合はこちらをご覧ください。

船で澎湖に行く方法

澎湖のホテルの探し方はこちらをご覧ください。

agodaスクリーンショット澎湖のホテルを探すときにおすすめの予約サイト 澎湖で日本語の通じるおすすめのホテル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA