🆕 ポンフー島の名産品通販サイトはこちら 🥜

ひとり旅でも入りやすい澎湖のごはんやさん

福鴨鴨肉大王の店内

澎湖に一人旅で来たものの、ローカルな雰囲気のレストランはなんとなく入りづらくて、つい屋台や小吃・カフェ・ファーストフードで食事を済ませてしまうという人も多いのではないでしょうか。でも、一人でもボリュームのある食事を摂りたい時もあるし、日本では食べられない料理をゆっくり座って食べたい時もありますよね。

今回は一人用メニューが豊富・店内に清潔感がある・女性店長または女性店員が多いといった、一人旅や女性お一人様でも入りやすいごはんやさんをご紹介します。しかもどのお店も、中国語がしゃべれない人でもオーダーしやすい記入式メニュー、またはセルフ方式です。

閉店時間の早い澎湖では貴重な20時以降も入れるお店もあるのでチェックしてみてくださいね。

花媽軟骨豬肉麵

花媽軟骨豬肉麵

北辰市場からも近く、食堂や朝食店の並ぶ長〜いグルメストリート光復路にある花媽軟骨豬肉麵はお母さん店長が切り盛りするお店。

花媽軟骨豬肉麵

骨まで食べられるホロホロの豚軟骨を使った料理は澎湖ではあまり見かけません。店内は客家花布の赤いテーブルクロスがアクセントになっていて、女性1人でも入りやすく落ち着いた雰囲気。小学生の息子さんがお店を手伝っていることもある家庭的なお店です。

花媽軟骨豬肉麵

栄養たっぷりの地瓜葉(さつまいもの葉)が乗った豬腱飯や餛飩麵(ワンタン麺)もおすすめ。料理のバリエーションが多いので長期滞在の人でも色々なメニューが試せます。

お店の情報
住所:880 澎湖縣馬公市光復路181號
電話番号:06 926 1215
営業時間:11時00分~21時00分(日曜定休)
公式サイト:https://www.facebook.com/%E8%8A%B1%E5%AA%BD%E8%BB%9F%E9%AA%A8%E8%B1%AC%E8%82%89%E9%BA%B5-478464318907512/

回味天津小籠包

回味天津小籠包

中国出身の老闆娘(女性店長)の小さなお店回味天津小籠包も、家庭的な雰囲気で他では食べられないメニューが揃っています。看板メニューの手作り小籠湯包は豚肉とエビの2種類があります。

回味天津小籠包

酸辣湯もどことなく優しい味。澎湖のお店は日本人にはだいぶ薄味に感じることが多いですが、こちらは比較的しっかりした味付けで日本人の口にも合いやすいです。

回味天津小籠包

パリッと香ばしい超幅広麺の炒餅など、珍しいメニューもあります。ご飯ものメニューも野菜たっぷりでボリュームがあるので、がっつりだけどヘルシーなものを食べたいという時にもおすすめです。

お店の情報
住所:880 澎湖縣馬公市光武街3號(莒光新村から移転しました)
電話番号:06 926 5828
営業時間:11時00分~20時00分(定休日なし)
公式サイト:なし

福鴨鴨肉大王

福鴨鴨肉大王

入り口のショーケースに鴨肉(あひる肉)が並ぶいかにも台湾らしい店構えの福鴨鴨肉大王も一人で入りやすいお店。あっさりしていて深みのあるスープがおいしい鴨肉湯麵が一押し。少食の人はこれひとつで満腹になるはず。

福鴨鴨肉大王

ご飯類は大サイズと小サイズがあります。写真は燙青菜と肉燥飯の組み合わせ。鴨肉飯もあります。しっかり食べたい人はこれにスープなどを組み合わせましょう。

福鴨鴨肉大王

広々としていて清潔感のある黄色がテーマカラーの店内。テレビを見ながら食べれば気分はすっかり地元民。

お店の情報
住所:880澎湖縣馬公市仁愛路95號
電話番号:06 926 9191
営業時間:11時00分~23時00分(定休日なし)
公式サイト:なし

福牡蠣屋

福牡蠣屋

澎湖名物の牡蠣を日本人観光客でも入りやすいモダンカジュアルな雰囲気のお店で食べられるのが福牡蠣屋。澎湖のきれいな海で養殖された牡蠣を使ったミニ丼の「牡蠣飯」が看板メニュー。

福牡蠣屋

その他にも海鮮粥や花枝丸などの澎湖名物も手頃な価格で少量ずつ食べられます。お店の場所は馬公のバスターミナルのすぐ近く。

福牡蠣屋の牡蠣醤

経営元の郭家オリジナルの牡蠣のオイル漬け「牡蠣醤」や、貝柱のオイル漬け「干貝醬」を購入することもできます。要冷蔵なのでちょっと持ち歩きが大変ですが、肉類と違って海鮮は日本に持ち込み可能なのでお土産にもどうぞ。

お店の情報
住所:880澎湖縣馬公市中興路73號
電話番号:06 926 2270
営業時間:11時00分~14時00分 17時00分~21時00分(定休日なし)
公式サイト:http://www.blessedoyster.com.tw/restaurant/

369清粥小菜

369清粥小菜

台湾ではセルフサービス方式のお惣菜屋さんを自助餐と呼びます。澎湖にもいくつかある中で、旅行者にもオススメのお店が369清粥小菜です。一人で来店する人が多く、入れ替わり立ち替わりのお客さんでいつも賑わっています。

369清粥小菜

自助餐というのはトレーや紙の弁当箱に食べたいおかずを好きなだけ詰めて、レジで店員さんが目分量でお会計するシステムです。入ってすぐ左側に容器やお皿があるので、持ち帰りの場合は弁当箱、店内で食べる場合はトレーやお皿に盛りつけます。

お会計の際に白飯や各種お粥類を一緒に頼めます。他のお店と一味違う、おかずにもよく合う地瓜粥(さつまいものおかゆ)が特におすすめ。

369清粥小菜

1食あたりだいたい100元から(おかずや量によって値段が変わります)と澎湖の他の自助餐より価格は高めですが、冷房が入っていて衛生的なので安心して食べられます。澎湖の家庭料理や魚・野菜を好きな量、好きなものだけ好きなタイミングで食べられる貴重なお店です。

夕方から朝の4時まで営業しているので、夕食難民になってしまった場合にもどうぞ。

お店の情報
住所:880 澎湖縣馬公市光復路51號
電話番号:06 926 9369
営業時間:17時00分~4時00分(日曜定休)
公式サイト:https://www.facebook.com/phMakung369

宜客樂(THE eatery)ディナービュッフェ

宜客樂(THE eatery)ディナービュッフェ

澎湖シェラトンホテルの3階にある宜客樂(THE eatery)ディナービュッフェはひとり旅でも澎湖の豪華海鮮料理を食べたい人に超おすすめ。ビュッフェに一人で行くのは勇気がいるなあ…と思うでしょう?大丈夫です。他の人は誰もあなたのことなんて見ていません。思う存分美味しいものを愉しみましょう。

澎湖ならホテルのレストランで食べなくても、美味しい海鮮料理は沢山あるのでは?と思ったあなたへ。澎湖の海鮮レストランは基本的に10人前後のグループで1テーブルあたりの予算(およそ5000元くらいから)を決めてオーダーするシステムです。少人数で行くと品数が少なく、色々な種類は食べられません。一人だとチャーハンくらいしか頼めないこともしばしば。

宜客樂(THE eatery)ディナービュッフェ

その点ビュッフェなら好きなものを好きなだけ食べ放題。食べきれないくらいの種類の中華・和食(寿司やお刺身もあります)・洋食・エスニック、デザートに各種ドリンク類が用意されています。しかも台北のホテルビュッフェに比べて格安です。

三點蟹

実は澎湖でもカニやエビのような高級食材はさほど安くなく、時価表示も多いです。その点宜客樂ディナービュッフェは五つ星ホテルのクオリティー(殻の処理の仕方などでわかります)で定額で食べられるのが嬉しいポイント。特に冬場が旬の三點蟹はとっても美味しいですよ。

宜客樂(THE eatery)ディナービュッフェ

アルコールも飲み放題。シーズンによっては料理のテーマが決まっていて、この時はタイ料理フェスティバルでタイのビールが置いてありました。短所としては、デザートがあまり美味しくないこと。プリンや高級メーカーのアイスは美味しいですが、スイーツ系はあまり期待しない方がいいかも。

団体客が入った時などは混み合うので、念のため席の予約をした方がいいでしょう。ポンフー・ブルーのおすすめはKKday経由での予約。サービス料の10%が不要になります。

澎湖福朋喜來登・宜客樂海港百匯自助晚餐(中国語)

中国語ページですが使い方は簡単で、「立即預訂」ボタンから日時と人数を選んで予約し、当日はメールで送られてくるQRコードを提示するだけです。日時指定が必要ですが、2日前までキャンセル無料です。

時間制限なし、6歳以下のお子様は無料、7〜12歳のお子様は約半額なので、お子様と一緒の旅行にもオススメです!

お店の情報
住所:澎湖縣馬公市新店路197號
電話番号:06 9266288
営業時間:17:30 – 21:00(火曜日休み)
公式サイト:https://www.fourpoints-penghu.com/restaurant_2.html

※各店舗の情報は記事執筆時点のものです。澎湖のお店は休業日・営業時間の変更が予告なしに行われたり、季節によって変わることがあるのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA